9171

将来スポーツ分野を仕事にしたい

理学療法士・学生へ!

スポーツ分野で活躍する現役理学療法士による

スポーツセミナー

IMG_6371IMG_6454IMG_643912376639_1554381318226028_822236966920869632_n

IMG_8147

スクリーンショット 2017-09-28 14.59.02IMG_7149

※講師、西川の国内外の選手サポート

・将来、理学療法士としてスポーツ分野で活躍したい
・ボランティアではなく、スポーツを仕事にしたい
・チャンスがあれば、海外でサポートしてみたい
・プロスポーツのサポートに興味がある
・スポーツ選手のサポートに必要なことを勉強したい

そんな理学療法士や学生のための

スポーツセミナーです。

banner_big_22

日時:平成30年4月30日(月、祝)

午前13時30分開始、午後16時終了

場所:大阪市内

(申し込みいただいた方に、個別で詳細をお伝えします)

参加費:4,000円

定員:先着30名

※定員になり次第終了します

講師:西川匠(理学療法士)

 

講師コメント:「スポーツ分野は本当に狭き門?」

スクリーンショット 2018-03-27 14.03.14

初めまして、今回セミナーの講師を務めます、西川匠と申します。

いきなりですが、あなたは「スポーツ分野で活躍したいけど、そんなことができるのはほんの一握りだけ…」だと思っていませんか?

学生の時から「理学療法士でスポーツ分野に関われるのは一握りだけ」、「まずは一般のリハビリができるようになってから」と常識を植えつけられ、あなたがいくらスポーツ分野でやっていきたいと思っていても、あなたの意見に賛成してくれる仲間がいない…協力してくれる人も、スポーツ分野のことをしっかり教えてくれる人もいない。

それでいて、「スポーツ分野は狭き門」「まずは一般のリハビリが出来ないと、スポーツ分野はできるようにならない」と最もらしいことを言われ続けて、「スポーツに関わる理学療法士になる」という昔からの夢を諦めていませんか?

しかし、よく考えてください。

あなたの周りでスポーツ分野を否定する人たちは、スポーツ分野を仕事にして生活していますか?

その道でやって来たことがないにも関わらず、よく分からないから否定しているだけではないでしょうか?

あなたの意見や考えを否定する人は、二種類の人だけです。それはスポーツの分野を、

「やり続けている人」か、

「やったことがない人」です。

やり続けている人が言うなら、あなたはその人の意見を聞くべきでしょう。

しかし、やったことがない人の意見を鵜呑みにして、「なんとなく、スポーツ分野は無理かもしれない…」と思っているのなら、それは絶対に違います

本当に気持ちがあれば、誰にだってチャンスがあるのが今の時代です。

今回のセミナーは、スポーツ分野の実態を知りたい!その分野をもっと勉強したい!という声があり、開催に至りました。

以前も同様のセミナーを行ったことが何度かありましたが、スポーツ分野は人気なのか、おかげさまで大盛況の内に終えることができています。

今回も、たくさんの方のご参加をお待ちしています。

【セミナー内容(仮)】

・スポーツ選手が理学療法士・トレーナーに求めていることとは?

・今の職場で働きながら、スポーツ選手と関わるには

・ボランティアのサポートを卒業するためのステップ

・スポーツ選手との信頼関係の作り方

 banner_big_22

↓過去のスポーツセミナーの様子↓

 img_3920img_4001

↑ベクストエスジー主催、理学療法士向けのスポーツセミナー

17155417_1730983543899137_8430409011078117267_n

↑理学療法士向け、スポーツを仕事にするセミナー

※注意事項

 ・講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。
・HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。
・講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。
・資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。
※お申し込み後、自動返信メールが届かない場合がございます。
そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
※キャンセルポリシーに関しては受付完了画面もしくはメールに記載しております。
必ずご確認をよろしくお願いいたします。

banner_big_22


「 特定商取引法に基づく表記」はこちら